定時に仕事が終わらない

ママさん看護師応援し隊!求人情報|宮崎版

トップページ

定時に仕事を終わらすことができないママさん看護師の体験談を紹介します。

定時で仕事が終わらない子育て中の新米看護師Cさん

以前、私が看護師として働いていた半年前の事でした。

最初は育児と仕事の両立を目指していたんですが、当時はまだ託児所つき病院もそんなに多くはなく、看護師に未練はあったもののやめることにしたんです。

妊婦憧れの職業だったのでもうちょっと働きたかった。

当時、勉強にはとてもたいへんな思いをしたはずなんですが、あきらめた夢だったせいか気持ちを断ち切ることができずに思い切って復職しちゃいました!

子供も大きくなって家で暇を持て余すことも多くなったし、ボーッと過ごすよりはずっといいはずです。

求人サイトのコンサルタントとも相談して、まずはパート看護師をしてみることにしました。

前は短期間しか勤めていなかったので、勤めて3ヶ月経った今でもまだまだ新米看護師のつもりです。

新人看護師の仕事は食事の配膳と下膳、患者さんの体の清拭やシャワーの看護、内服薬や点滴の投与などなど。

配膳や清拭もそうですが、内服薬と点滴の投与は人の命に関わることなのでプレッシャーを感じます。 慎重になるあまり何度も確認したりして時間がかかり、先輩ナース(年下)に注意されることも。 まだまだ慣れないことばかりなので時間ばかり取られてしまい、気づけば毎日のように帰宅が定時を過ぎてしまいました。

私の同僚の中には、私よりもずっと若く、小さな子供を抱えたママさん看護師もいらっしゃいます。聞けば子供は病院の託児所に預けているそうで、近いので何かあったときでも飛んでいけるから安心なのだとか。

うちの息子は中学生なのでもう一人で何でもできますが、同僚の子供ぐらいの年齢のときにはご飯も作れないし、やっぱり仕事と育児の両立は私にはできなかったかもしれません。

うちの病棟は3交代制なので午後4時半には仕事が終わることになっています。

まだ要領を得ない私たち新人は仕事を全て終えることができないし、カルテの記録もままなりません。
夜勤への申し送りもしなければならないために帰宅時間はどんどん遅れることに……。

でも、正直たいへんなことも多いですが、それでも生活は充実しています。

家族の協力も大切だと痛感しながら、少しずつ仕事にも慣れてきたし、最近は急な残業さえ入らなければ定時に帰れる日が増えてきました。