ママさん看護師が働きやすい職場

ママさん看護師応援し隊!求人情報|宮崎版

トップページ

仕事中に発生する子供のトラブルにも、なかなか理解されないママさん看護師。
そんなママさん看護師が働きやすい職場とはどんな職場なのか少し考えてみました。

子持ち看護師が受け入れられる職場とは

ママさん看護師の働きやすい職場とは、突き詰めてしまえば
子育てと仕事の両立に理解があるかどうかというただその一点に絞られます。

働きやすい職場子供はすぐに熱を出すもの、思わぬケガもするもの、小さければ小さいほど目を離すことはできないため、親は常に気を配っていなくてはなりません。

しかし、母親からしたら当たり前のことや、大変さは実際に子育てを経験していない人には伝わりにくいものです。

転職先や復職先を選ぶときには、託児所つきの病院や勤務時間、給与だけでなく、スタッフの人柄が非常に大切。

医師や看護師に子育て経験者がいるかいないかも重要で、
一番良いのは子育て中の看護師がスタッフの中にいることです。
とにかく頼もしい味方になってくれるでしょう。

反対に子育て経験のない独身の看護師や医師が多い職場では、急に休みを取ったり早退したり、残業のできないことを迷惑がられ、ひどい場合には陰口を言われたり不快感を持たれてしまうケースもあります。

職場探しのコツとは…

具体的には、一般病棟では2交代制や3交代制などのシフトが多く、
勤務体系が厳しいため、育児中の看護師の数は少ない傾向にあります。

また、大学病院のように最先端医療を扱っているところでは、独身者が多いのでママさん看護師には向かないでしょう。

もちろん、どうしても学びたいことがあるなら話は別。

ただし、その場合には自分が子育て中であることをしっかりと周囲に説明し、
人一倍の仕事をする意気込みで事前準備を行うなど、気合と努力が必要です。

ママさん看護師にぴったりな職場なら、病棟よりも日勤だけの外来やクリニックがオススメ。
外来やクリニックでは非常勤のパート勤務ナースが多く見られます。
ただし、収入面を優先させたいなら、激務でない程度の夜勤もけっして悪くはありません。

いずれにせよ、ママさん看護師が働きやすい職場を探すためには、看護師求人サイトなどを上手に活用し、コンサルタントに相談して働きやすい職場を見つけてもらうのが最も簡単な方法です。